Pocket

こんにちは、「自然にできる朝活」を目指しているくろっきーです。

 僕が定める「自然にできる朝活」とは、以下の3条件を満たす活動のことです。

  1. 目が覚めた後、眠気がほとんど残っておらず、「目覚めが良くて心地よい」感覚である
  2. 目が覚めた後、布団から5分以内に出ることができる
  3. 布団を出た後、そのまま目標に繋がる行動を取ることができる

2018年3月18日から「朝活」に取り組み始め、連続で50日間、毎日朝活を続けています。


前回の10日間との変化点として大きい要素は、

  • 朝活時間が9分伸びた

これくらいでしょうか。それ以外はあまり変わりませんね。
少し後退気味な要素もありますが、安定傾向という認識でも問題無さそうな変化量です。

今回は、50日間の平均値も出してみましたが、取り急ぎ大きく作戦変更する部分は無さそうです。

変わらず、

  • 平均就寝時間を22時台にする
  • 平均の睡眠の質を4点台にキープすること

この2点で攻めていこうと思います。

46日目

おはようございます。
朝活46日目です。

今日は67分の朝活となりました。
(ブログ執筆)

少食にすると睡眠時間が短くなり、頭も冴えるというのは本当だと思います。

3食ガッツリ食べていると、夜寝る前はヘトヘトですし、朝起きても頭がボーっとしていて朝活してもほとんど言葉が出てきませんでした。

増量期なので仕方ないのですが、やはりこの食生活は厳しい…
心拍数も平均して10くらい上がります。

食事に関しても中庸が一番なんだなぁと実感できました。

【量と質について】
睡眠時間:6時間48分
(就寝時間:22:32〜5:20:起床時間)
睡眠の質: 4点/5点
起床から朝活開始までの時間:34分
二度寝の有無:なし

眠いけど布団を出るというのはやはり朝活の質を大きく下げますね。この時間でも睡眠が足りない感じがするので7.5h睡眠を目指して修正を入れていきます。

また明日も行います。

47日目

おはようございます。
朝活47日目です。

今日は77分の朝活となりました。
(復習only)

最近になって、勉強やインプットの目的の一つに、「物事の本質を知ること」があるのではないかという気がしてきたので、
今学んでいる目標達成力の本質ってなんだろうと(ざっくりですが)考えてみます。

そのために、大きなウェイトが置かれている要素を抽出してみると、3つにまとめられるかなと
①自己理解を進めて「理想の世界(生活)」を明確にするスキル
(なぜなぜ分析、ヴィジュアライズ、本音の目的、情熱など)
②努力リソース(時間、意志力)確保のために環境を整えるスキル
(断捨離、節制、ルーチンの固定、朝活、究極の一日など)
③フォーカスして実行に移すスキル
(目的・目標の明確化、現状を知るための記録、正しい戦略を守る、脱輪脱線しない、ITツールの利用など

要素に抜け漏れがあると思いますが、少しずつ足していければ良いかなと思っています。

現時点での僕の結論は、目標達成力の本質とは「最小の努力で最大の結果を出すこと」ということになりました。

【量と質について】
睡眠時間:6時間58分
(就寝時間:22:28〜5:26:起床時間)
睡眠の質: 4点/5点
起床から朝活開始までの時間:69分
二度寝の有無:有り

二度寝がありますが、早く寝れているのでOKです。
早く寝れば睡眠の質も4点以上で安定してくれますね。

また明日も行います。

48日目

今日は124分の朝活となりました。
(復習+自己分析)

今朝は、受験勉強ってどういう風に進めてたかなと思い返していたのですが、
TOEICでも、受験勉強でも、国家試験でも、
何かしらのテストを受けることの前提の勉強というのは、

「いかに必要事項を量多く”暗記”して、素早く出力できるか」
が全てだなと再認識しました。

つまり、「暗記からは逃れられないので、諦めてしっかり向き合った方が良い」ということです。

例えば、TOEICはいかに多くの単語量を覚えているのかが如実に点数に現れますよね。
(僕も単語を覚えただけで、大幅に点数が上がった経験があります)
単語が分からなければ、どれだけリーディングスキルやリスニングスキルがあってもお手上げ状態になってしまいます。

また、受験勉強でも、特に数学においては、たくさんの問題に触れて、「こういう時には、こうする」という”解法パターン”を暗記すれば、ほとんどの問題を解けるようになります。
やれば良いことは、わからない問題にあたったらその裏側で働いている解法パターンを見つけて新しく暗記するだけでした。

そして、「素早く出力する」必要があるのは、時間制限があるからです。
暗記した内容を、瞬間的に頭の中から取り出せるようになれば、残り時間を気にすることなく目の前の問題に集中して解けるようになるので、さらに正答率が上がります。
どうやったら素早くなるかというと、残念ながら「何度も出力させる」しかないと思っています。

《「暗記」して「素早く」出力できる状態を作ってしまえば勝ち》とシンプルに捉えれば、「暗記」という腰が重い作業のハードルが下がりやすいんじゃないかなと考えています。

【量と質について】
睡眠時間:5時間33分
(就寝時間:23:57〜5:30:起床時間)
睡眠の質: 3点/5点
起床から朝活開始までの時間:26分
二度寝の有無:有り

途中で地震に何度か起こされて、あまり質が良くありません。
地震が起こる5秒前くらいに目が醒めるのは何でなんでしょうね、不思議です。

また明日も行います。

49日目

おはようございます。
朝活49日目です。

今日は35分の朝活となりました。
(読書)

ドラゴン桜が面白くて、つい読んでしまいます。

「スクラム勉強法」、「メモリーツリー記憶術」の2つが特に印象的で、僕も高校時代や大学時代に似たようなことをやっていたのを思い出しました。

その記憶効率の良さ以前に、なによりも、楽しいんですよね。
勉強に”楽しみ”が付加できる勉強法って本当に偉大だと思います。

マンガで「とにかく基礎を固めることの重要性」などの勉強における基礎事項を一通り確認できますし、
純粋に、学生たちに成果が出て成長していく様もワクワクします。
所々で主人公(?)の先生が展開するロジックも本質を突いていて爽快です。

読むだけでも日々の学習モチベーションが上がると思います!
オススメです〜。

【量と質について】
睡眠時間:6時間30分
(就寝時間:24:57〜7:27:起床時間)
睡眠の質: 3点/5点
起床から朝活開始までの時間:30分
二度寝の有無:無し

大学時代の友人たちとの飲み会で、終電帰りでした。
もちろん楽しいのですが、あまりこういう日を入れすぎると睡眠にも響いてきますし、フォーカスもずれていくので、控えめにしたいところではあります。

また明日も行います。

50日目

おはようございます。
朝活50日目です。

今日は130分の朝活となりました。
(興味ある分野の勉強)

漠然と「勉強が楽しいな」と感じる事ってあると思うのですが、
一体どういう”瞬間”に楽しいと感じているか、を明確にしておくというのは非常に重要だと思います。

その瞬間さえわかっていれば、
その楽しさをたくさん得られるように勉強法をデザインできるようになったり、
楽しさを感じるシーンを予見できるのでモチベーションが湧いてきたりします。

僕の場合は、「原則や本質が見出せた瞬間」に強い喜びを感じると気づきました。
原則や本質は、大抵の場合、他に適応させても上手くいくからです。

そのために、自分の気づき出来るだけ漏らさずにメモツールに貯めておいて、後々気が向いたときに、共通点ごとにまとめたり、少しだけ抽象化して置いておくなど、
本質につながる材料集めをするようにしています。

【量と質について】
睡眠時間:5時間38分
(就寝時間:23:20〜4:58:起床時間)
睡眠の質: 4点/5点
起床から朝活開始までの時間:9分
二度寝の有無:無し

正直、最近はあまり睡眠を改善する気が起きません笑
理由は、主観として、大して悪いパフォーマンスではないからですね。

改善する気が起きない時は、データを見るとマイナス点が明確に見えるので改善する気が湧いてきます。

今日中に50日分のデータをまとめてみて、改めて作戦を練ります。

また明日も行います。

Pocket