Pocket

こんにちは、「自然にできる朝活」を目指しているくろっきーです。
 僕が定める「自然にできる朝活」とは、以下の3条件を満たす活動のことです。
  1. 目が覚めた後、眠気がほとんど残っておらず、「目覚めが良くて心地よい」感覚である
  2. 目が覚めた後、布団から5分以内に出ることができる
  3. 布団を出た後、そのまま目標に繋がる行動を取ることができる
2018年3月18日から「朝活」に取り組み始め、連続で65日間、毎日朝活を続けています。

自己分析を進めるのであれば、朝の時間がおすすめです。

夜になると日中に起きた出来事を反芻してしまうため、思考が乱れていることが多くなります。
その状態で自己分析を進めても本当の自分を見つけることはできません。
(見つけたとしても、次の日に見直すとなんか違う感が漂っていることが多いです)

クリエイティブな活動や、自分を深掘りしていく作業は、意志力が豊富にある朝にやるのが最も効率が良いと思われます。

具体的なやり方は、こちらの3Stepがオススメです。

  1. 「自分に心地良く響く言葉」や「エネルギーを感じる言葉」をノートに書いて30個くらい集める
  2. キーワードの中から共通点を見出して、大雑把でも良いので3分類にする
  3. 各分類に名前をつけて、それらの名前を使って、自分を象徴する一つの文章をつくる

自分の軸が見つかると、自分の身の回りで起きている事象に、対して一定の視点で意見を言えるようになります。
そうなると、発言にブレがなくなるので、一貫性のある説得力がある文章や発言になります。

情報発信をするのであれば、自分の軸は固定させたいところですね。

「続きを読む」:61~65日目のFacebook投稿を転載してあります。

61日目

おはようございます。
朝活61日目です。

今日は32分の朝活となりました。
(レポート執筆)

51〜60日目の10日間は睡眠の質が3.9→4.3と大きく上昇し、再び4点台に達することができました。

良かったのは、「レポート執筆」という不慣れなことを日常的に行っていたので、体力を使い果たして寝ることが多かったことです。

同時に、ライザップのジムではなく、別のジムでの週3トレーニングをスタートしているので、さらに体力を消費しきって寝ることが多かったのだと思います。
(ライザップは、トレーニングの方向性を決めたり、トレーニング内容に修正を入れるフォローアップ面談のみになりました)

余力を残して寝ることが多いときには、
「普段より疲れるように習慣をデザインする」
睡眠の質を上げるのにオススメです。

【量と質について】
睡眠時間:6時間35分
(就寝時間:23:26〜6:01:起床時間)
睡眠の質: 4点/5点
起床から朝活開始までの時間:42分
二度寝の有無:有り

二度寝が増えて、平均朝活時間が減ってしまっている(80min→61min)のが手痛いです。
思考を挟まないで起き上がる練習を徐々に取り入れていこうと思います。

また明日も行います。

62日目

おはようございます。
朝活62日目です。

今日は94分の朝活となりました。
(自己分析)

僕も、この機会に自己分析を進めています。
次の3stepで、(まだ仮ではありますが)自分のコアを文章にすることができました。

①「自分に心地良く響く言葉」や「エネルギーを感じる言葉」を集めたり、ブレインダンプしてノートに書いて30個くらい集める
②キーワードの中から共通点を見出して、大雑把でも良いので3分類にする
③各分類に名前をつけて、それらの名前を使って、自分を象徴する一つの文章をつくる

僕は、「”最小の努力”で、”最大の結果”を出せる”仕組みを作る”」になりました。

ひとまずプロトタイプのコアを作って、それを少しずつ修正していけば良いと考えているので、始めから完全体のコアを作る必要はないと思います。

仮にでもコアが見つかると、「心の拠り所が常に自分の中にある」という感覚がしてリラックスできますし、
調子が悪いときにはそのコアを思い出せばすぐにエネルギッシュな状態に戻れます。

目標達成のエンジンにもなるので、一緒に自己分析しましょう〜!

【量と質について】
睡眠時間:5時間52分
(就寝時間:23:25〜5:17:起床時間)
睡眠の質: 5点/5点
起床から朝活開始までの時間:26分
二度寝の有無:無し

「思考を挟まずに行動に移す」という技術を身につけるために、
上体を起こすときに、「思考を挟まない!」という思考を挟む練習をしています。

一見矛盾しているようですが、人間(特に男性)は一度に一つのことしか考えられないので
行動したくないという感情が芽生えたら、すぐに行動を促す思考を挟めば、感情を上書きできると考えています。

これで朝活までの時間や、二度寝率が下がれば良いんですが…

また明日も行います。

63日目

おはようございます。
朝活63日目です。

今日は11分の朝活となりました。
(ミッションステートメントのテンプレ作り)

自己分析といえばミッションステートメントかなと思って記入できるテンプレを先に作りました。

日常的に自分を観察して、エネルギーを発揮できるようなフレーズを放り込んでおき、あとで文章として再構成する、という形式を取ろうと思います。

【量と質について】
睡眠時間:5時間20分
(就寝時間:24:54〜5:14:起床時間)
睡眠の質: 3点/5点
起床から朝活開始までの時間:34分
二度寝の有無:無し

昨日は家庭の事情により、寝るのが遅かったため朝活時間が短めです。
こういう日でも妥協せず、「朝活した」という実績を作って毎日の鎖をつないでいくのがモチベーション維持のためにも大事だと思います。

また明日も行います。

64日目

おはようございます。
朝活64日目です。

今日は69分の朝活となりました。
(レポート執筆)

勉強する場所を綺麗にするって大事だと思います。

真っさらに何も乗せないくらい綺麗にしておくと、朝活の集中力が全然違いますね。

毎日デスクを片付ける習慣も徐々に付け加えていこうと思います。

【量と質について】
睡眠時間:6時間34分
(就寝時間:23:10〜5:44:起床時間)
睡眠の質: 5点/5点
起床から朝活開始までの時間:18分
二度寝の有無:無し

トレーニングをしていくと安静時心拍数がどんどん下がっていきます。
安静時心拍数が低いほど心臓機能が高いということなので、
トレーニングの効果が出ているんだなあと感じられてモチベーションも上がります。

測定項目がたくさんあるってのもモチベーション維持に効果的ですね。

また明日も行います。

65日目

おはようございます。
朝活65日目です。

今日は23分の朝活となりました。
(興味ある分野の勉強)

昨日友人と話していて、「自分はできる」と納得するにはどうすればよいかという話題になりました。

・「目標達成のカタ」(よくある解決パターン)をインストールする
→「こういうときにはこうするとうまくいく」のパターンを1つ1つ体得することで、「なんとかなる」という感覚を手にする

・「100%できない」と証明できる理由を探す
→100%できない理由など存在しない(悪魔の証明)なので必然的に「できる」と腑に落ちる

・過去成功した経験を思い出すことで、パターン認識で次も「できる」と納得させる

・成功例を1つ見つけて、「不可能ではない世界なんだ」と気づく

が出てきました。
自分専用のマニュアルみたいなカタがあると、僕は動きやすいですね。

【量と質について】
睡眠時間:5時間38分
(就寝時間:24:15〜5:53:起床時間)
睡眠の質: 5点/5点
起床から朝活開始までの時間:24分
二度寝の有無:無し

休日はFacebookへの報告や勉強し始めが遅くなる傾向にあるので、そろそろ対処していきます。
家を出てしまえば勝ち(だらだらしなくなる)なので、
「平日の外出時間+15分までに外出する」ことを目指します。

また明日も行います。

Pocket