【TOEIC勉強42日目】10000問ノック3日目【600/10000】

こんばんは、くろっきーです。

 

10000問ノック3日目です。(600/10000完了)

平日は、30分でも割り込みなどでタイムロスがあると24時までに寝られないので、ハラハラと過ごしてしているのですが、完全休日は余裕があってマイペースに復習できるので非常に助かっています笑

3日目にして、抽出した単語は合計150個を超えました。平均して1日50個抽出されていることになります。

キクタン3冊をやった後なので、そこまで無いかと思いきや、想像していた以上に多いです。

この調子でいくと、10000問が終わった頃には2500単語ほど抽出されることに・・・。

キクタン3冊分の単語数3360個と合わせると、新たに覚え直す単語は余裕で5000個を超えてくることになります。

「単語を◯◯個覚え直す」+「◯◯問を解いて復習する」=990点

この式のそれぞれの◯◯を埋めて、これから満点を目指す人の学習の1つの目安になることを期待して、知らない単語の抽出と多解きを頑張っていきます!

【結果】
・問題集:公式TOEIC Listening&Reading問題集1 TEST1
・点数:L90 R91, Total:181/200
(ミス番号:51、56、63、67、69、74、79、90、91、97、124、130、135、138、145、146、157、158、173)

【Myデータ】
・Part5,6の所要時間:18分00秒
・Reading余った時間:2分30秒
・抽出した単語:75個

【Listeningミスの原因分析】
[ケアレスミス] ・(C)が正解なのに、選択肢が全て「At」で始まっていたため、頭文字に釣られて(A)を選択してしまった
・(B)を塗ったはずが、(D)を塗っていた
(上記、共にPart4の問題のため、Will Power不足が原因か)

[リンキングによる聞き取り困難] ・「to use as an office」
・「to give them a tour of the assembly line on Tuesday」
・「some of our production」
・「I see that on your assignment chart」
・「drop them off at your house」
・「but, before they start, it’s important that we revise our training manual」(オーストラリアの発音ってtの音の脱落が多いのでしょうか?importantの1つ目のtも脱落していました)
・「stowed in the overhead bins or under the seat ahead of you」

[予想以上に弱い音] ・「there’s」→ザズ

【Readingミスの原因分析】
[知識不足] ・part5で、カッコに形容詞を入れるか、現在分詞を入れるのか迷って現在分詞を選んだx2(introductoryとproportionalの意味に確信がなかったのがミスの原因でもある)
・「Indeed」は、前の内容を強調した上で次の文章につなげる効果がある

[言い換え] ・自転車レーン用の敷設計画→measure(方策)

[文脈理解不足] ・part6で、時制の誤解x2(現在働いている職員の能力の紹介をしているのに、経歴の紹介だと勘違いして過去形を選択してしまった)
・時間の流れを追えず、一文挿入問題をミスる
・truckだけ見えてfreight-deliveryに飛びついた。accommodate trucksだったので、provide space for large vehiclesが正解だった。

【感想】
Listeningについては、part1,2にはミスがなく、ミスはpart3,4に集中しました。

ミスした音声のスクリプトを細かく追っていくと、間違えた問題では、自分がうまく発音できないリンキングが存在することが多かったです。

その部分を抽出して、それを発音する練習することで少しずつリンキングになじませていくことができると考えています。

また、今までは「問題文の聞き取り」:「設問の読み込み」=3:7のウェイトで解いていたのですが、今回は逆にして7:3のウェイトで解いてみました。

そしたら、(普段より注意を向けているので当たり前なのですが)聞き取れるフレーズが増えて、設問への回答がスムーズになりました。

聞き取りに自信がなかったからこそ、先読み先読み〜とテクニック偏重になっていたのだと思います。

「しっかり聞き取ってから回答する」という、ある意味での「王道」を守ってpart3,4を解いていこうと思います。

Readingについては、part5で特徴的なミスパターンが見られたので、それにフォーカスして振り返ってみます。

よく出てくる、カッコに形容詞を入れるのか、現在分詞を入れるのか、過去分詞を入れるのかの問題です。

今回のpart5のミスは2問で、どちらもこの系統の問題でした。

[例] At Ben Flores Blinds, first-time customers can benefit from ( ) rates of 30 percent off.

(A) introducing
(B) introductions
(C) introduced
(D) introductory

この問題で僕は現在分詞の(A)を選んでしまったのですが、

・形容詞ならば修飾される名詞の「性質」
・現在分詞ならば修飾される名詞が「主体で行う動作」
・過去分詞ならば修飾される名詞が「受ける動作」

を表すことを考慮できていれば、問題なく正答できた問題でした。

もっとも、この問題ではintroductoryという単語に「初めの、導入の」という意味があることに確信を持っていれば、文意に当てはめて回答できたので、単語力不足ということも顕著に現れた問題でした。

曖昧になっている単語は抽出して覚えていくとして、今後は同系統の問題でミスがないように、上記の分類を頭に入れて回答したいと思います。

明日は、昼〜夕方にかけて外せない用事が入ってしまっているので、ノルマの200問は1度足踏みし、1日目、2日目に中途半端にやり残しているリスニングの復習を完了させていこうと思います。
(「やり残しがない」という状況をキープすることも、集中力の向上に貢献してくれると思っています)

明日も復習した分については報告いたします。