NO IMAGE

【朝活奮闘記⑰】朝活レポートも終盤へ(81日目~85日目)

こんにちは、「自然にできる朝活」を目指しているくろっきーです。
 僕が定める「自然にできる朝活」とは、以下の3条件を満たす活動のことです。
  1. 目が覚めた後、眠気がほとんど残っておらず、「目覚めが良くて心地よい」感覚である
  2. 目が覚めた後、布団から5分以内に出ることができる
  3. 布団を出た後、そのまま目標に繋がる行動を取ることができる
2018年3月18日から「朝活」に取り組み始め、連続で85日間、毎日朝活を続けています。

そろそろ、朝活の習慣化のためのレポートが完成しそうです!

6月末までに最終調整をして、7月頭にこのブログにて配布を開始しようを思っております。
初のノウハウレポートにつき、至らない点があるかもしれませんが、どうぞ率直なフィードバックをお待ちしております!

朝活のレポートを公開した後に、普段のブログ記事の投稿を再開しようと思います。

「続きを読む」:81~85日目のFacebook投稿を転載してあります。

81日目

おはようございます。
朝活81日目です。

今日は65分の朝活となりました。
(レポート執筆)

あっという間に、90日目まであと10日ですね。
約3ヶ月でかなり朝活に対する理解が深まったと思っています。

どんな一つのこともフォーカスして深く学んで行くことで、別分野にも応用できるレベルの知識も身についていくと言われますが、
情報収集の方法だったり、情報のまとめ方だったり、文章の書き方だったりと、+αで広範囲で学んでいけているので、
その感覚がなんとなくわかってきた感じがします。

あと少し!ブーストかけます!

【量と質について】
睡眠時間:5時間41分
(就寝時間:24:00〜5:41:起床時間)
睡眠の質: 4点/5点
起床から朝活開始までの時間:19分
二度寝の有無:無し

平均データの変動が落ち着いてきました。
僕の朝活におけるステータス値がようやく見えてきたという感じです。

今の生活を一切変えなければ、このデータ通りの生活になるという見通しが付きます。

そして、この平均データに満足していないようであれば、どこを改善すれば良いのかもわかります。

現状を把握するのは、必ずプラスになる行為だと思っています。

また明日も行います。

82日目

おはようございます。
朝活82日目です。

今日は96分の朝活となりました。
(レポート執筆)

僕は速読系の読書術は全く読んだことないので、全くの的外れだとお恥ずかしい限りなのですが、
速く読めるカラクリがなんとなくわかった気がします。

今、僕は「朝活を再現性高く習慣化できそうな方法を紹介している朝活本ないかな?」という目的を持って片っ端から朝活本を読んでいっています。

その目的を果たすためだけなら、テクニックや原理の紹介のページは不要情報となり、「方法」や「5step」など、習慣化させてくれそうな部分のみが自分にとっての必要情報になります。

本の中に落ちている情報に、必要性の濃淡ができる、というイメージです。

その必要情報だけを目次や文章の雰囲気から探して読み、それ以外の不要情報を読まずに飛ばしていくというのが速読術の一般的な戦略なんじゃないかな、という仮説です。

要は、「目的意識を強めてから本を読みましょう」ってことですかね。

大抵、朝活本には習慣化させてくれそうな記述がないので、1冊1〜2分で終わったりします笑
こういう多読(?)するときはkindle unlimitedは偉大ですね。

一冊、丁寧な朝活本を見つけたので、そこからの学びも反映させていきます。

【量と質について】
睡眠時間:7時間09分
(就寝時間:22:15〜5:24:起床時間)
睡眠の質: 5点/5点
起床から朝活開始までの時間:13分
二度寝の有無:無し

22時台就寝にハズレ無しです。
朝活ノウハウの中で最も効果がある方針は、やはり「早く寝る」ですね。

「早く寝れば早く起きれる」という至極真っ当な結果ですが、
こういうシンプルなものに行き着いて、この分野では、「これが一番重要なエッセンスなんだ」と確信持って記憶しておくのが重要なのだと思います。

また明日も行います。

83日目

おはようございます。
朝活83日目です。

今日は44分の朝活となりました。
(レポート執筆)

「優先順位の天秤」という概念が気に入っています。

例えば、「英語学習」を毎日できるようにするには「遊び」という選択と天秤をかけなければなりません。

優先順位が英語学習>遊びなら、当然、自然と英語学習を選択するでしょうし、
英語学習<遊びなら当然、遊びを選択するのだと思います。

つまり、どっちを選択したか観察だけで、優先順位がどっちが高いのかがわかります。

優先順位が望んでいる状態と逆になってちる「英語学習<遊び」の現状を、「英語学習>遊び」に持っていくためには、
・英語学習を重要視する
・遊びを軽視する

の2つの戦略が考えることができます。

「なかなか手が出せない…」と悩んでいる状況から、
「こちらを重くするにはどうすれば良いか?」という前向きな考え方にもっていくことができるので、自分がなかなか行動に移せなくなった時や、人にこうすればうまくいくと説明する上では、使いやすい概念かなぁと感じています。

朝活レポートでも取り入れてみます。

【量と質について】
睡眠時間:7時間7分
(就寝時間:23:12〜6:19:起床時間)
睡眠の質: 4点/5点
起床から朝活開始までの時間:11分
二度寝の有無:無し

慢性的に寝不足な人は自分が寝不足と自覚していないことが多そうです。
こういう人には、一度満足するまで寝てもらって、普段の1日と快適さがどれだけ変わるかを体感してもらうのが良いのかなと感じています。

寝不足が残っていない日って気持ちいいですよね

また明日も行います。

84日目

おはようございます。
朝活84日目です。

今日は52分の朝活となりました。
(レポート執筆)

1週間くらい前に、Apple社のワイヤレスイヤホン「Air pods」を購入したのですが、
耳学習の習慣がつくようになって、とても良い傾向です。

良い点としては、
iPhoneからだけでなく、Apple Watchからも音楽の再生停止ができますし、
耳から片方を外すと自動停止、付け直すと自動で続きから再生します。

ワイヤレスなので、ワイヤーの鬱陶しさもなく、ワイヤー分の重さもないので首や肩が疲れませんし、耳にもよくフィットするようになっていて長時間つけていても耳が痛くなりません。

耳を密閉するタイプでもないので、耳に付けながらも普通に人と会話ができるくらい聞き取れます。
音質については素人ですが、特に違和感を感じません。

今まではイヤホンをつけることに微弱ながらも不快感を感じていたのですが、このイヤホンでほとんど解消されました。

その結果として、今まで少し抵抗のあった移動中の耳学習をすんなりと習慣化できています。

改めて、ツール選びって大切だなと感じました。
(ツールの機能性を追求していくと、自動的にApple製品だらけになっていく気がします笑。ツールの連携ができるのが最強です)

【量と質について】
睡眠時間:6時間14分
(就寝時間:23:41〜5:55:起床時間)
睡眠の質: 5点/5点
起床から朝活開始までの時間:29分
二度寝の有無:有り

5:00頃に一度目覚めたのですが、
「それだと5時間半の睡眠時間だから日中のパフォーマンス落ちるな」と思ったのと、
「どうせ二度寝しても1時間くらいで目覚める傾向があるから、今二度寝しても6:00前後に起きることになる。それなら1時間はできるからOKか」と判断して二度寝しました。

二度寝のための口実が、1時間は朝活することを前提とした口実になったので、とても良い傾向だと思います。

身体が「朝活はするものなんだ」とようやく理解してくれたような感覚です。

また明日も行います。

85日目

おはようございます。
朝活85日目です。

今日は36分の朝活となりました。
(レポート執筆)

今日の話ではないですが、体の調子がすこぶる良い日は、逆に体調を悪くするようなことをしてしまう可能性が高い気がします。

麻雀ゲームをやったり、長時間同じ姿勢で動画見てしまったり、急にマックのポテトが食べたくなったり笑

調子が普通〜やや悪い状態にコンフォートゾーンがあるということなんでしょうね。

これもホメオスタシスなのかなと思うと、コンフォートゾーンは普通〜やや調子良いに置いておけるように意識して過ごすと人生全体な質が上がりそうですね。

【量と質について】
睡眠時間:5時間59分
(就寝時間:24:14〜6:13:起床時間)
睡眠の質: 5点/5点
起床から朝活開始までの時間:44分
二度寝の有無:無し

筋トレの中でも脚のトレーニングやった日は睡眠の質がすこぶる良いです。
一番大きな筋肉を使う分、エネルギーの消費効率も良いのだと思っています。

睡眠の質をよくするために身体の疲労を意図的に作るなら、スクワットが一番良いですね。

また明日も行います。